サラリーマン

何故か苦しいサラリーマン生活の原因5点

年収2000万プレーヤーとして
そして4人の子宝に恵まれて、一見順風満帆に見えるが
実はそうではなかった

心が苦しい原因は以下5点

-目次-
  • 「給与所得」に依存しており、稼げなくなった(辞めた)際に今の生活が破綻する不安
  • 「給与所得」がストック型ではなくフロー型という事(狩り続けなければいけない)
  • 「狩り続けなければならない」という事は、対お客様を食い物にする考えになる事
  • 年収に比例して生活レベルを上げすぎた事により毎月の固定費が増大していた
  • 知識不足のせいで本来不要な支出が重なっていた(保険・住宅ローン・その他サービス)

「給与所得」に依存しており、稼げなくなった(辞めた)際に今の生活が破綻する不安
給与に依存するという事は株式投資でいう「1社」にのみ集中投資するという事と同じ
例えば「トヨタ自動車」だけに全財産を投資してその「配当金」で生活するようなもの
車業界に逆風来たら?不祥事を起こして配当金が出なかったら?
と考えるとこの「給与所得」だけに依存するのはとても危険な事だと思います。
ではどうすればいいのか?

①副業をする
②自分の人的資本(労働力)の相場を知っておく
③自己投資をして人的資本を磨く

だと思います。

「給与所得」がストック型ではなくフロー型という事(狩り続けなければいけない)
これは労働者でも事業者でも言える事ですが
今やっているビジネスモデル(仕事内容)はストック型かフロー型か?

ストック型・・・農耕型で毎月安定した収益が自社にもたらされる型
サブスクリプション・ブログ収益・Youtube・会費・家賃

フロー型・・・狩猟型でモノが売れた時に単発で入ってくるビジネス
小売業・製造業・売買手数料・モノが売れた時の営業マンの歩合

営業職では殆どの場合このフロー型に対しての評価が多いと思います、
要は「売り続けない」と稼げない(維持出来ない)という事

会社としても売上がなければ払う給与もない訳なので当たり前ですが
会社は別のストック収入で着実に儲けてると思うと少し病みますよね。。。

対策としては1つ
自分という「人的資本」を成長させる場として最大限利用する
営業職なら「どこでもやっていける営業マン」として自己成長する!です

自分自身の「人的資本」を育てる事により
今の会社じゃなくても同じ「営業」として違う会社で成果を上げられる
最悪1人で事業をするとなっても最低限食って行ける力がみにつく
こういった考え方が重要だと思います。

続く